Secret Staircase

Jekyll + S3 に引越しました

ブログを S3 に引越しました。いままでは Heroku で動かしていました (Jekyll と nginx 用の Heroku buildpack)。 jekyll-s3 で超簡単でした。

Vagrant + Chef で Java Web アプリケーション開発環境を作る

とあるプロジェクトのために Vagrant + Chef で Java Web アプリケーションの開発環境を作った。 実現すること git clone -> vagrant up -> gradle war により、ゲスト OS でアプリケーションが動

Gradle で JsTestDriver を使う

Gradle のタスクで JsTestDriver を実行する。 eriwen/gradle-js-plugin の issue を参考にして、ここでは JsTestDriver.jar を maven central repository からダウンロードして使うように変更してみた。 build.groovy configurations { jsTestDriver } dependencies { jsTestDriver 'com.google.jstestdriver:jstestdriver:1.3.5' } task jstd(type: Exec, description: 'runs JS

Gradle で JSHint を使う

Gradle のソースコードに JSHint プラグインが含まれているのだけれど、公式ドキュメントには出ていない。フォーラムのコメントによれば eriwen/gradle-js-plugin を使うのがおすすめだそ

Gradle を使って Scala REPL を開く

Gradle を使って依存ライブラリをクラスパスに設定した Scala REPL を開く。Gradle タスクで開くことはできる (後述) のだけれど補完が効かないので普通に scala コ

Maven から Gradle への移行

既存の Maven プロジェクトを Gradle に移行してみる。 対象のプロジェクトは shibainu。SpringMVC と spring-data、QueryDSL を

Gradle で Scala プロジェクトをビルドする

ふと思いたって Gradle で Scala プロジェクトをビルドしてみた。 こんな build.gradle を使う。 apply plugin: 'scala' ext { scalaVersion = '2.10' } repositories { mavenCentral() maven { url 'http://repo.typesafe.com/typesafe/releases/' } } dependencies { compile 'org.scala-lang:scala-library:2.10.1' compile "net.databinder:unfiltered-netty-server_$scalaVersion:0.6.8" } tasks.withType(ScalaCompile) { scalaCompileOptions.useAnt = false } task start(dependsOn: 'compileScala', type: JavaExec) {

Jekyll と nginx 用の Heroku buildpack

Heroku で Jekyll を使ってサイトを生成して nginx で動かすための buildpack を作りました。 https://github.com/akr4/heroku-buildpack-jekyll-nginx 作ったといっても nbudin/heroku-buildpack-jekyll-nginx を fork して jekyll-sass を使うように変えたくらいです。とにかくこれで markdown フ

ブログを Jekyll に移行

ブログを Jekyll に移行しました。 決め手は Markdown ファイルをローカルマシンで管理できること。 ひとまずは Heroku にデプロイしてある。レンタルサーバでも借りようかな

Java テンプレートエンジンの比較

これまでにいくつかの Java 用のテンプレートエンジンを見てきました。今回はそれらを比較します。 対象 JSP (非 JSF) Velocity FreeMarker Handlebars.java Scalate (SSP) 評価軸 評価軸として優先度の高い

某勉強会向け Scala スクリプト制作メモ

scala スクリプトでライブラリの依存性を解決して XML API を呼び出すということをやったのでメモ。 某勉強会の日程調整のために調整さん用の候補日を出力するス

Tumblr の markdown を再編集するとリンクが消える

Tumblr の markdown 記法でリンクを [ここ][1]をクリック! と書くと再編集したときに消えてしまって困ってたけど [ここ](http://www.yahoo.

Handlebars.java を使う

Handlebars.java は Handlebars の Java 実装です。 ここでは Template Inheritance 機能とデフォルト HTML エスケープの動きを中心に見てゆきます。 セットアップ方法 Handlebars.java のページが詳しいです。Spring

Scalate を Java から使う

Scalate は Scala で書かれたテンプレートエンジン。Java から利用することも可能です。 Spring MVC から利用する Spring MVC 用の ViewResolver が提供されています。依存ライブラリを pom.xml に

FreeMarker でデフォルト HTML エスケープ

デフォルト HTML エスケープシリーズ。今回は FreeMarker。 デフォルトエスケープの設定 FreeMarker では <#escape> タグで囲った部分を自動でエスケープすることがで

Velocity でデフォルト HTML エスケープ

[前回][1] は JSP でのデフォルト HTML エスケープを検証しました。今回は Velocity を見てみます。 デフォルトエスケープの設定 Velocity では ReferenceInsertionEventHandler を使ってデフォルトでの HTML

JSP でデフォルト HTML エスケープ

JSP で HTML エスケープするには <c:out> や <fn:escapeXml> を使うわけですが、いちいち書くの面倒だし付け忘れるもありがちです。付け忘れがないことを確認するにはコードを全部

grep で前後の行も表示する

grep -B <前の行数> とか -A <後ろの行数> とか -C <前後の行数> とか。 知らなかった!

Flyway Java で書かれたシンプルな DB マイグレーションフレームワーク

Flyway は Java で書かれたシンプルな DB マイグレーションフレームワーク。 クラスパスに /db/migration/V1___Create_book_table.sql などと V__.sql なファイルを置いておけば様々な方法で実行できる。maven

MakeLeaps User Meetup に参加してきました

2013/4/18 に開催された 史上初☆MakeLeaps User Meetup に参加してきました。MakeLeaps を作っている方々、使っている方々と楽しく刺激的な時間を過せ