Secret Staircase

HomeKit+Hue motion sensorでしばらくの間動きがなかったらライトを消す

自分の環境の問題なのかもしれないけれど、HomeKitとHue motion sensorの組み合わせは確実には動作しないので Hueアプリを使う が正解。

それでも動きの検知をトリガーとしてHue管理外のデバイスを動作させたい場合にはHomeKitでなんとかする必要があります。

そもそもこれって普通のユースケースだと思うんだけどなぜかHomeKit + Hue motion sensorでは簡単には実現できないんですよね。HomeKitのオートメーション設定には、動作を検知した結果オンにしたデバイスをオフにするまでの時間を指定できます。でもこれは最初にオンになったときにカウントダウンが始まって途中で動きがあったとしても消えてしまうんです。

たとえば1分後にオフにする設定であればこのような動きになります。

  1. 動きを検知 (オン、タイマースタート)
  2. 30秒後 - 動きを検知
  3. 60秒後 - オフ

しかもオフにしたあとしばらくは動きを検知してもオンにしてくれないみたいで、1分以内に作業を終えないと部屋がまっくらといった事態が発生します。

これには(いちおうの)解決方法があります。 動きを検知したとき動きを検知しなかったとき の2つのオートメーションを作成します。

動きを検知したとき の設定

  • デバイスをオンにする
  • オフにしない

動きを検知しなかったとき の設定

  • デバイスをオンにする
  • オフにする設定あり (1分後とか)

ポイントはどちらでもデバイスをオンにすることです。このような動きになります。

  1. 動きを検知 (オン)
  2. 30秒後 - 動きを検知なし (タイマースタート)
  3. 60秒後 - 動きを検知 (タイマーリセット)
  4. 90秒後 - 動きを検知なし (タイマースタート)
  5. 150秒後 - オフ

動きを検知でタイマーがリセットされるんですね。 これ考えた人頭いいなあと思いました。

ただ、自分の環境だけかもしれませんがうまく動いてくれないことが多くて信頼性が必要なオートメーションには使えませんでした。 ライトが消えてまっくらでは困ります。

ネットを検索するといろんな人がこの方法を説明しているのでちゃんと動くのかもしれません。たとえばここ https://www.reddit.com/r/HomeKit/comments/8fqzhj/cancel_an_automation/

ちなみにHueアプリにも同様のオフ設定があり、こちらは途中で動きがあればタイマーがリセットされます。普通の期待どおりの動作だと思います。

自分の場合は基本的にはHue motion sensorによるHueデバイスの操作はHueアプリで管理して、それ以外のデバイスをHomeKitで管理するようにしています。

たとえばトイレで動作を検知したら

  • ライトをつける (Hueアプリ)
  • 換気扇をオン (HomeKit + Homebridge + Switchbot)

ということをしています。換気扇はHomeKit経由なので動作が怪しいですがまあ早めにオフになってもそうは問題ないです。

まとめ

  • HomeKitとHue motion sensorの組み合わせは動きが謎
  • Hue motion sensorをトリガーにしてHueのデバイスを操作するならHueアプリを使った方が良い
  • Hue以外のデバイスを管理するならHomeKitのオートメーションで動きを検知あり、検知なしの2つを使うことで動作を改善できる
comments powered by Disqus